2014年09月18日


少し長くなるので、ひっそりと思っている事をブログで綴ります。独り言のような、自分の戒めのような記事に なりますので心配ご無用です。



今年の後半から 色々思うところがあり、生きて来て一番辛い時期ではないかな?

と、1日を遣り過ごす事すら しんどい日が続いています。


周りの人に頑張り過ぎないでよ!と優しい言葉に何度も励まされましたが、自分で、皆に言われる程、頑張っている訳でもなくて、恐縮していました。

いつも、皆に泣きついて助けて頂いている気がします。
また、辛くてたち行かなくない時に、駆けつけてくれたり24時間いつでも、連絡くれたり、何度も何度も救われました。

そして、そんな皆さんの優しさに、ありがたくて胸がいっぱいに なりました。

投げやりになって、自分を大切に出来ない時にも、周りの先輩や後輩やプロレスの仲間達、友人が励まして私を大切にしてくれて…
嬉しさと感謝の気持ちで弱音を吐く自分が許せなくなったりの繰り返しでベクトルが見えない自分が歯痒いかったり。

苦しいタイミングの、ある時親友の某氏が
我慢するんじゃなくて辛抱するんだよ!
と言われて…


辛抱?


なぜか響いて ググってみたら。




A氏の意見「我慢」とは、精神的肉体的に苦しくて訴えたい気持ちを発散させないで抑えること、という意。「辛抱」とは、環境の苦しさに押し流されないで、向上心を持ち続けること、という意。
昨年の暮れあたりから、我慢と辛抱の違いについて考えていたが、我慢の先には 不満 が、辛抱の先には 希望 があるのでは・・・と思えてきた。
B氏の意見我慢と辛抱の違いがわかりますか?の質問に対して・・・我慢というのは、耐え忍ぶことですが、自己にとらわれ、そのことに対して 不満の気持ちがある状態、
辛抱というのも、辛さ・苦しさに耐えるのですが、その気持ちの中に 不満がない状態 だと私は理解しています。つまり、耐える、ということは、同じなのですが、そのときの心の状態が違っているのです。

我慢はいつか爆発する恐れがあります。我慢しているものを吐き出すために、モノにあたったり、虐待やいじめなど抵抗できない相手を攻撃する形で処理しようと、してしまったりといった問題が起こることもあります。
我慢しているものを吐き出すと一時的にはすっきりしますが、根本的な問題は解決されていないので、再び溜め込んで爆発せざるを得なくなってしまい、結局それは、自分自身をも傷つける行為になってしまうことになります。
でも、辛抱はいつか解決できる時期が訪れるのではないかと私は思っています。私が尊敬する人の言葉に
辛抱はしても 『我慢はするな。』




とありました。


とても良くわかりました。

自分が今 抱えている事は 『我慢』なのか『辛抱』なのか見極める事が大切なのかと。



理解出来ても判断するのは難しい。


だから人は悩むのか。
( ̄〜 ̄;)



多分…我慢よりの辛抱なんだろうなぁ。


長々ありがとうございました。
  at 20:42 | Comment(5) | Aky
spacer.gif