2014年04月10日


写真 1.JPG写真 2.JPG写真 3.JPG別府で大変に お世話になった旅館です。

ゆっくり癒されました。
旅館の息子くん←照れ屋さんだけど挨拶しっかりしていて素直で可愛い。靴をきちんと揃えたりして…一点の曇りもない瞳にキュンとしました(しんきや旅館の四代目になるそうです)とイベントで御一緒させていただいた亀子さんと観光に連れて行って頂きました。

鬼のミイラや回天魚雷、宇佐市平和資料館に行き、戦争の爪痕を目の当たりにして落ちました。
今 平和で暮らせるのは、沢山の犠牲があった上での事と改めて思いました。

あの時代に生まれていたら? 二十歳くらいの青年が死ぬ為の訓練をしていた。 恐ろしい話。
胸がつまります。

御飯が食べられて布団で眠れる。当たり前の日々に感謝。戦死された方を敬い感謝して同じ事が繰り返さない事を誓いたいです。



そんな思いを巡らせながら温泉につかる。
相当贅沢な数日を過ごさせて頂きました。


鉄輪温泉 しんきや旅館
大分県別府市鉄輪風呂2本組
09977-66-0962

また必ず行きます!


宇佐市資料館を訪れた日記も後日アップします。
  at 19:02 | Comment(2) | Aky
この記事へのコメント
子供の瞳の美しさは、本当に何にもかえがたいですね、たまに子供の瞳、姿が鏡のように見えて今の自分が映るようで、子供に会うことが苦痛になることがあります、プロレス会場でも、全力で戦うレスラーを観ながら自分がここに来る資格があるのだろうか?と悩むことがありました、考えずきですかねぇ、プロレス好きなのに観戦の前日に体調崩すんですよねぇ、後、私の住む隣の市にも特攻隊で亡くなった方々が五軍神として祀られています、慰霊碑の前を通る度、心の中で手を合わさすにはいられません。
Posted by ブラックマン at 2014年04月16日 02:50
☆ブラックマンさん
もう失ってしまった純真無垢さ加減にハッ!っとなりますよね。しかし、目の前の純真な子供を守る為に大人はピュアを卒業しないと いけないのかもしれませんね。そしてまた おじいちゃんおばぁちゃんに なってピュアを取り戻すのかも!!戦争は本当に目を背けたくなる事ばかりですね!
Posted by あき at 2014年04月16日 14:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

spacer.gif